運動不足と肥満解消で5歳すっきり若返る!ニコニコペースのフィットネススタジオ『パラディソ(楽園)』

PARADISO

TEL.092-524-2245

受付時間 9:00~21:00(土・日・祭日休み)

パラディソの歩みと業績 ~パラディソものがたり~

ホーム > パラディソの歩みと業績 ~パラディソものがたり~

代表あいさつ

森山 暎子

朗らかに「ウェル・エイジング=素敵に年を重ねる」人の「和」を広げて

スタディオ パラディソ代表

森山 暎子 HIDEKO MORIYAMA

少子高齢社会・人口減少の日本において、心と体の健康づくりは、持続可能な社会構築に重要な社会課題の一つです。
私たちパラディソチームは、「つながり」を大切に、音楽を使った楽しいグループフィットネスを通して社会に貢献できる様、活動を推進しています。
さて、「健康」とはどういう状態の事をいうのでしょうか?
私たちは、病気の在るなしにかかわらず、「からだ・こころ・精神性」を、感性と悟性でバランスをとろうと実践する人のことを健康人と考えています。
夢や希望を叶えたり、自分の在りたい姿や生きる美学・哲学を模索したり、また、社会や家族や友達との「つながり」に悩んだりする日常の中で、「運動の本質価値」を伝えていきたいと考えております。
朗らかに「ウェル・エイジング=素敵に年を重ねる」人の「和」を広げるパラディソチームに共感されるあなたとお会いする日を楽しみにしております。

森山暎子プロフィール

有限会社スタディオパラディソ代表取締役
一般社団法人 10分ランチフィットネス協会代表理事
公益社団法人 日本フィットネス協会理事
九州スポーツクラブ協議会理事
福岡大学スポーツ科学部非常勤講師
感性学修士

森山暎子プロフィール

業績

業績

●福岡県とびうめ国体開会式 集団演技(1800人)企画振り付けを担当(1990年)
●福岡市健康づくりセンター「あいれふ」オープニングイベントパネリスト(1995年)
●福岡市臨海工場余熱利用施設整備事業提案審査委員(2000年)
●NPO福岡県レクリエーション協会理事(2004年)
●福岡県警「健康づくり体操」CD-Rプログラム制作および各署現場指導(2005・2006年)
●福岡市及び太宰府市介護予防運動教室受託および指導(2006年〜現在)
●読売新聞「医療フォーラム」や西日本新聞主催・健康市民講座にて実技指導、パネリストとして参加(2007年〜現在)
●福岡大学医学部創立35周年市民講座にて 日野原重明先生とパラディソ体操(2008年)
●株式会社ヤクルト 腸トレ体操プログラム作成・監修(2008年)
●日本循環器学会 禁煙啓発・胸骨圧迫啓蒙体操プログラム指導(2008年〜現在)
●「10分ランチフィットネス」福岡市と共働開催(2010年〜2015年)
●福岡市保健福祉審議会臨時委員(2012年〜2014年)
●経済産業省 医療・介護周辺サービス産業創出調査事業 医療・連携プロセス評価員
(2014年より健康寿命延伸産業創出推進事業へ事業名変更  2012年〜2015年)
●アメリカフィットネスコンベンションIDEAにてJAFA「WAフィットネス」チームで10分ランチフィットネスをプレゼン(2015年)

出版・取材など

●オリジナルビデオ「健康づくりのレシピ」3巻制作(1996年)
●「40歳をすぎたら考えたい、快適な老後をすごすための7つのヒント」
(共著 2002年 海鳥社刊)
●連載 エフコープ生協「クリム」『からだ塾』(2008年)
●NHKテレビ出演(全国版・高血圧の運動1992年・九州版レギュラー出演)
●NHKテレビ全国ニュース「10分ランチフィットネス」(2010年)
●「メイプル」(集英社)、「和楽」(小学館)等、全国雑誌に紹介される
 (ファッション・きもの) その他 多数
●TNC テレビ「タマリバ」にて、「はーな先生のカンタン3 分パラディソ体操」コーナー担当(2012 年)
●その他多数

出版・取材など

会社情報

会社名
有限会社スタディオパラディソ
設立
1986年12月20日
資本金
300万円
代表取締役
森山暎子
所在地
〒815-0071 福岡市南区平和1丁目2番23号 森山ビル4階
TEL.092-524-2245   FAX.092-524-2281
事業内容
会員制スタジオの運営
指導者の養成
指導者出張レッスン・出前講座
関連商品の販売
加盟団体
公益社団法人 日本フィットネス協会
九州スポーツクラブ協議会
福岡商工会議所
NPO福岡県レクリエーション協会

パラディソものがたり

第一章:エアロビックダンスとの出会い

パラディソ創設者 森山暎子は、大学で日本史学を学ぶ傍ら、シオナーズ檀上小夜子氏に師事し、1981年エアロビックダンスインストラクターとなる。
ヨガや整体、ジャズダンス、フェルデンクライス、「丹田」をキーワードした日本人伝来のからだの使い方などをベースにしたからだの動かし方、プログラムの立て方等を学び、レッスンに取り入れた。米国軍医でエアロビクスの命名者ケネス・H・クーパー博士の著書を読み、単なる流行として終わらず、健康づくり運動の一環としてエアロビックダンスが定着すると予見し、これを職業とすることに決める。

卒業後、本場サンフランシスコとロサンゼルスに単身渡米。
エアロビクスを全世界に広げブームを巻き起こした大女優ジェーン・フォンダのビバリーヒルズのスタジオ「ワークアウト」(偶然にもアニバーサリーイベントでスタジオを訪れた彼女のレッスンを受ける)をはじめ様々なスタジオでレッスンを受講。
アメリカフィットネス協会(AFAA)の公認インストラクター試験を受け合格。(リンダ会長より日本人で初めてと言われる。)

エアロビックダンスとの出会い

写真:女優ジェーンフォンダと讃井智子(妹)と

エアロビックダンスとの出会い

写真:80年代の頃、渡辺通のスタジオにて

第二章:ニコニコペースとパラディソ開設

ちょうどその頃、福岡大学体育大学(現スポーツ科学部)の進藤宗洋、田中宏暁先生が、「ニコニコペース」(のちに医学部と共働研究となりWHO世界高血圧連盟の高血圧運動処方として推奨される理論となる) の調査研究に被験者第1号として地域ボランティアとして参加していた母から、その成果を聞いて勉強会に参加。
ニコニコペースをベースにした老若男女ができるエアロビックダンスのプログラムを模索していった。
福岡ではスポーツクラブが2つしかない時代。仕事先は自分で開拓するしかなかった。
友達の応援でレンタルスタジオにて会員制クラブを発足、西日本文化サークル、福岡相互銀行(現西日本シティ銀行)本店での企業フィットネスのレッスンを担当する等、活動が広がってゆく中、1985年に指導者養成コースをスタートさせる。
翌年、渡辺通り・薬院に、福岡大学スポーツ科学部運動生理学研究室の学生だった妹を含めた養成コース1期生とともに、会員制スタディオパラディソを開設する。

ニコニコペースとパラディソ開設

写真:スタディオパラディソにて

ニコニコペースとパラディソ開設

写真:パラディソ15周年

第三章:平尾・平和に移転~設立30周年の現在まで

いち早く健康づくりに特化したエアロビックダンスフィットネスのスタジオとして、会員、指導者養成コース卒業生、出張レッスン先も増える中、2005年、地域に愛される三世代御用達のスタジオを目指し平尾・平和に移転する。福岡市や太宰府市より「介護予防教室」の業務受託。
これまでのプログラムを体系化したエアロビックダンスエクササイズを「パラディソ体操」と名付け好評を得る。
2010年 九州大学大学院 ユーザー感性学に入学し、修士研究で、勤労者の運動促進をテーマに「パラディソ体操」をベースにした『10分ランチフィットネス®』を福岡市・まちづくり団体・企業・大学と共働で開催、全国版NHKニュースで取り上げられ話題となりまた、2015年にはアメリカフィットネスコンベンションIDEAにてプレゼンをする。世界を視野に活動を広げている。
(2012年3月に一般社団法人10分ランチフィットネス協会を設立http://10mlf.com)
「ロコモ&メタボリックシンドローム予防」「介護予防」を目的の、感性と科学性を融合した「楽しい・安全・効果的」なプログラムを広げるべく、指導者育成、サテライト教室の開設などチーム・パラディソで革新的に推進中。『楽園伝説』ものがたりはこれからも続く。

平尾・平和に移転~設立30周年の現在まで

写真:10分ランチフィットネス

平尾・平和に移転~設立30周年の現在まで

写真:日野原重明先生(当時97才)と
福岡大学医学部市民講座にて

よくある質問

TEL.092-524-2245

体験レッスンの予約をしたい
コースやレッスンについて相談したい
スタジオレッスン本部
出張レッスン

インストラクター養成コース生募集

パラディソ文化部
インストラクター紹介
パラディソスタッフブログ
ブログは~なの喫茶法

パラディソ[パラディソ]

〒815-0071 福岡市南区平和1丁目2-23 森山ビル4階


受付時間 9:00~21:00(土・日・祭日休み)

● 西鉄バス「山荘通りバス停」より徒歩1分
● 西鉄大牟田線「平尾駅」より徒歩5分
● お客さま駐車場はございません。近くのコインPをご利用願います。

googleインドアビュー